五輪の副賞ビクトリーブーケに込められた意味とは

 昨日はオリンピックが終り、日本は多くのメダルを取り、大変うれしく思います。素晴らしい功績を残されたことに心より拍手をおくります。
 ところで、メダリストが手渡されているビクトリーブーケについて書いて見ます。
東京オリンピック・パラリンピック(東京五輪)でも、メダリストにビクトリーブーケが贈呈されています。ただ選手を祝福するための花束というわけではなく、その国の歴史や文化にちなんだ花が使われているようです。
  
 東京五輪で贈られているビクトリーブーケには、東日本大震災で被災した地域で育てられた花が使用されていました。「トルコギキョウ」(福島県産)、「ヒマワリ」(宮城県産)、「リンドウ」(岩手県産)、「ナルコラン」(福島県産)などだそうです。
それぞれに復興への願いが込められていました。
   トルコギキョウは、福島県が県ぐるみで生産に取り組んでいる。震災による影響で農作物の出荷が減った際、県は特定非営利活動法人(NPO)を立ち上げ、花を栽培することで復興への希望を見出したと言われています。黄色はひまわりで宮城産のものですが、この花は震災の際に高台に避難した人たちがその地に植えて育てたものを利用したと言われています。藍色は岩手県産のリンドウです。美しい配色の花束には、今大会の公式マスコットキャラクター「ミライトワ」が付いていおり、日本ならではのビクトリーブーケに、ツイッター上ではかわいい、私も欲しい、と評判だそうです。
私はこのことを知り、日本人らしい優しさと思いやりに心が和む2週間を過ごすことができました。

ビクトリーブーケ.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック